沢山の種類があるうつ病の原因【ストレスが最も多い要因】

女性

うつ病で病院にかかる時

病院

うつアカデミー

うつ病の原因をご存知ですか?こちらのページで解説しているので鬱を知るためにも覗いてみましょう。

診断は専門医でも難しい

うつ病は多くの場合ストレス過多から発症することが知られています。しかし、もともとの遺伝体質などによりそうとうつを繰り返す双極性障害というものになるひとも少なくなく、またひとはうつが酷いときに病院に行きうつの辛さを訴えるので、そうの症状があるのか、一度の診察では分からないことが多々あるのが実情です。そうのないうつ病のための薬を処方されても、双極性障害だと上手く作用しないということもあり、何度か受診してその間の気分の浮き沈みや体調の変化を細かく医者に伝えるなかで、その人に本当に合った薬が種類、量ともにだんだんわかってくることが多いです。かといって、ストレス過多や過労・不眠が原因でうつ病を発祥しているわけですから、専門医を訪ねるときにはすでに心身ともにかなり追い込まれていることは少なくなく、患者はなるべく早く適切な診断をして欲しい、自分の症状や体質に合った薬を処方して欲しいと強く願いがちです。しかし専門医でも、遺伝体質やライフスタイルの違う一人ひとりに、膨大にある薬のなかから一番副作用の少なく効果の高いものを見つけるのは至難の技なのが現実です。ですから、うつ病のための薬をいくつもためしながら、その人になるべく無理のないものを試行錯誤して探す時間はある程度かかると理解しておいた方が後からがっかりすることを予防できます。原因のストレスですでにつらいのに、医者に期待しすぎて、思うような処方をしてもらえないことや、処方された薬が合わなかった場合に、さらに落ち込んでしまうのは損ですし、うつ病を早く治すために良くありません。医者も人間なので限界があることや、薬には基本的に副作用のあることを理解しておくと、過度の期待による落ち込みを防げ、現実的にうつ病の治療を出来ることにつながりやすいです。じっくりと病院に通い続けることをある程度頭に入れて、短期間で治ることを期待しすぎないで原因であるストレスの多すぎるライフスタイルの見直しをしてみるのは良いことです。投薬治療をすることも有効ですが、どんなに投薬しても、原因である仕事や家庭の問題が改善されないと、再発のリスクが高いです。また病院を選ぶときにはひとつにこだわり過ぎず、いくつか候補を持っておくことも有効です。医者との相性もありますから、合わないのであれば無理をせず他にかかるという風に考えておいた方が、医者との相性が良くなかった場合も落ち込みにくく、合理的な判断として他の病院や医者にスムーズにうつれます。